« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

WHのハンドル・カバー

Img_0347s

我が家のWHですが、擦れによるハンドルの剥げ具合がどうにも気になっていました。
ハンドルを交換するのが一番手っ取り早いのですが、エアバック付きなんで、自分で交換しようとすると、途中でエアバックが開いちゃう気がします。
簡易的な丸カバーを付ければOKですが、ネットで探していたら面白そうなモノを見つけました。

Img_0334s

これ、本革のベルトみたいなもので、ハンドルに被せて端を縫い合わせるカバーです。
内装の色に合わせてアイボリーを購入したのですが、画面で見た時よりも実際に商品も見てみるとかなり明るい色です。
何となく違和感あるものの、購入してしまったので、装着する事にしました。


Img_0348s

まずは、位置決めです。
被せて、ハンドルに合わせて縫い目位置を決めます。


Img_0349s

後は、ひたすら縫います・・・・・・
これが、かなり大変です。縫い目が裏からでは見辛い上に、同じテンションで縫っていくのが難しい。
この商品のメーカーHPで、動画にて詳しい手順があるのですが、その中で「1時間くらいで完成」なんて言ってましたが、私の場合、2時間掛かりました。
結構・・・っていうか、かなり、疲れました。

Img_0354s


完成です。
仕上がりがどうのって言う前に、この色合いって、どうなんでしょう??????
色目は合ってはいますが・・・・・・・・
何となく、見慣れていないせいか違和感「大」って感じです。


| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

ヘラ台PRO MINI J-10

Img_0338s


これ、表題の通り本来は、ヘラ鮒釣り用の台なんです。
でも、かなりコンパクトになり、耐加重もかなり重いモノまでOKです。
なにせ、人が載れるように出来ていますから。
満載したスチールベルトを載せても全然問題ないです。
商品の詳細は
http://www.snowpeak.co.jp/fishing/2002/html/j-010.html


Img_0336s

収納時はココまで小さくなります。
また、足の取り付け方法は、IGTにかなり似ています。


Img_0337s


収納時は、内部に足と台座部分を分割にして収納します。
この足も、段階的に高さを変えられます。
ですので、ベンチにもなるし、焚き火の時のサイドテーブルにもなります。


Img_0340s


素材のほとんどがアルミなんで、このようにIGTの下において、熱いダッチやフライパンなど気軽に置けます。

ただ、残念ながら、すでに廃盤になっていて、オークションや釣具屋さんの在庫を探すしか入手できません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

マフラー(タイコ)交換

P1070520


ZJから05WHに乗り換えた際、購入時にガナドールのマフラーに交換したのですが、全くと言って良いほど音が変わりませんでした。(正直、見た目だけ迫力があるが、音はショボかった)
色々調べたり、聞いたりした所、WHの場合、サイレンサー(タイコ)が異様にデカい為、タイコ自体を交換しないと音が変わらないことが判りました。
そこで、近所の修理工場の方のご好意で、スカイライン(多分)用のステンレスタイコがあったので、それを溶接で切った張ったして貰いました。
P1070526

当初は単にタイコの交換だけでしたが、その状態ですと抜けが良すぎて低速側のトルクが若干細くなってしまったようなので、インナーサイレンサーを入れて負圧かけました。
その結果、少し音が小さくなったものの、トルクが元に戻った感じです。



素材が、タイコ、エンドサイレンサーともにステンレスなので、ちょっと甲高い音ではありますが、かなり迫力ある音になりました。
アイドリング時は、かなり大人しく静かなのですが、エンジン始動時ではWHの電子スロットルな為か、始動時最初に回転が上がるので、「ぐうわ~ご~~」って、うるさくなりました。
車検は・・・・・・ギリギリOKかどうか、微妙です。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »